てりやきトマト

シナリオ執筆・2Dグラフィックデザイン・作曲等のご依頼、受け付けております。
個人様・企業様問わずお気軽にカナヲまでご相談ください。
てりやきトマト TOP  >  スポンサー広告 >  雑記 >  自作ゲームフェス勉強会2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自作ゲームフェス勉強会2

どうも、カナヲです。
先日、ドワンゴさんで開催された『自作ゲームフェス勉強会2』に参加させていただきました!
去年の夏に開催された、いわゆる1にも参加させていただきましたが、その第二回ですね。
今回はすらうも引き連れて出陣したので、簡単に感想など。乱文ご容赦ください!

↓当日の生放送がタイムシフト視聴できますので、雰囲気など知りたい方はどうぞ。
第2回 ニコニコ自作ゲームフェス クリエイターズ勉強会


講演
中村光一さんによる講演です。
ドラゴンクエストや不思議のダンジョンシリーズ、弟切草、かまいたちの夜など、中村さんの作ってきたゲームはことごとく私個人のツボを突いているため、この講演は非常に楽しみにしていました。
ファミコン時代の話とはいえ、ドラクエの操作が難しいという人のための「じゃあ選択肢を選ぶだけで物語が進むくらい単純なゲームを」という発想からサウンドノベルが生まれた……という話はとくに興味深かったですね。
ゲームのジャンルは「新しいジャンルを作ろう!」と思ってできるのではなく、案外このようなシステムの単純化や明確化など、"削る"作業の中で新たに生まれるものなのかもしれません。

ゲーム実況をやってみよう
このパートは文字通り、希望する参加者による「運べ!荷物!」の実況プレイ体験がひとつ。
そして実際にニコニコ動画に投稿されている実況動画をロジカルに分解して読み解く講義がひとつ。
あとは実況者さんへの質問タイムがひとつでした。
ゲーム製作者にとって実況動画をどう捉えるかはまさに千差万別だと思いますが、一同人活動家としての私の意見としては、ゲーム実況はアリだと思います。私自身もゲーム実況は昔から楽しんでいますし、それがきっかけでプレイや購入に至った作品も多いです。
実況プレイされることを目標にゲームを作るのはさすがに違うような気がしますが、実況プレイから実物に入ってきてくれる方や存在を知ってくれる方の数も馬鹿になりませんし、"動画(人のプレイ)を見て楽しい、自分で遊んで二度楽しい"ってゲームはきっと面白いものです。
むしろゲームの公式サイトのシステム説明よりプレイ動画の方が楽しくてわかりやすいです。
PR手段としてもまだまだ伸びそうですね。

お互いにゲームを見せよう
これはなかなか面白い企画でした。
数名で1グループになり、それぞれのゲームを"極力作者の説明解説ナシで"10分だけ遊んだ後、そのゲームの"長所だけ"を挙げて伸びしろを明確化させるという試みでした。
ゲームの短所の指摘は作者の意図やプレイヤーの受け取り方の相違から、必ずしも有意義であるとは限らない。
そして短所を指摘すること、言わば粗探しは簡単ですが、長所を複数挙げることはゲームをしっかり見ていないとできない。
ゲームの見せ合いとその場での批評という難易度の高い内容でしたが、それをゲーム論の押し付け合いにしない見事な工夫がなされていました。
ちなみにカナヲはLeanan-Sidheを10分遊んでもらいましたが、インターネットシステムがやはり好評でした。
個人的にもひとつの売りでしたし、客観的に見てももっと色々使い倒せる部分だと思います。

懇親会および二次会
以降は交流会です。
当日知り合った方、ゲームフェスの受賞者の方、てりやきトマトのゲームを遊んでいただいたことがある方、RPGツクールの中の人等々……、多くの方とお話する貴重な機会が得られました。
少なくない数用意した名刺を交換し切ってしまったほどですw
やはりこういう場はいい刺激になりますし、横の交流も深まっていいことばかりですね。
前回の勉強会と比べても、さらに雰囲気が柔らかくなって敷居が下がったと感じました。
第三回目があるならば、その際にもなるべく参加したいところです。



どうも、すらうです。ようやく半分です。長いですがもう少しお付き合いくださいませ。プレミアム会員じゃないからニコニコの仕様知らないけどタイムシフト視聴とかまだ見れるのかしら……

講演について
個人的には意見が分かれた時は永遠と話し合うってことが非常に気になりました。
僕達てりやきトマトの中の人達も大筋は考え方が同じだったりしますが、やはり細かいところで意見がずれたりします。そんな時には今までは一番作業しているカナヲさんの意見を最優先って形が多かったですが今後はもうちょっと話し合うこともありなのかもしれませんね、時間と気力があればな!

ゲーム実況について
ゲーム実況についてあまり試聴することがない、かつ動画のみでゲームを楽しむということがあまり好きではないため、ゲーム実況について詳しく知らない状態だったので今回の企画は考えさせられるものがありました。
作っている側の人間としては感想(+バグがあるかどうか)を生で見ることができる貴重な場なので、動画で楽しむ方々が実際に自分でもプレイしたくなるようなゲームを今後は作れたらなとは思います。
余談ですが運べ!荷物!については個人的には開始直後に右押して諦めてゴールができた初期バージョンが好きです。それで何日か徹夜でプレイしてました。

お互いにゲームを見せよう
面白い企画だとは思うのですが、作り途中のゲームを見せ合うぐらいじゃないとフィードバックできないよなって結論だったりします。グループ内でどういう考えでゲームを作っているかっていう話ができてなかなか楽しかったのですが。
「スライムの書」と「召喚指揮候補生」を遊ばせていただきました。宿屋やグレロは世界観を最初に一気に説明していることで若干敷居の高いゲームとなっていますが、前者は勢いで世界観に対する疑問をなくし、後者はキャラ同士の雑談で世界観を表現しているゲームです。オススメ!

懇親会
懇親会というか全体についてですが名刺を必要な持ち物と書いていただけると非常に嬉しいです、いやほんとに名刺持ってなくてごめんなさい。
ピザ食べながら雑談やゲームをプレイといった感じで非常に緩い感じでしたが非常に貴重で刺激的な場でした。二次会も参加すればよかった……
第三回目があるならば忙しくなければ是非とも参加させていただきます。関係者の方々、本当にありがとうございました。
[ 2015年03月09日 20:16 ] カテゴリ:雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。