てりやきトマト

シナリオ執筆・2Dグラフィックデザイン・作曲等のご依頼、受け付けております。
個人様・企業様問わずお気軽にカナヲまでご相談ください。
てりやきトマト TOP  >  スポンサー広告 >  虚白ノ夢 >  ホラーゲーム製作中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホラーゲーム製作中

どうも、カナヲです。
どきどきバベリアル?なんですかそれ(鼻ホジ)

時期も時期でてりやきトマトの面々も忙しく、落ち着く頃までEaterEaterのシステム部分が動けません。
僕は今のところ暇なので(笑うところ)システム部分以外の部分を先に進めようかとも思ったんですが、立ち絵いっぱいの数値管理ゲーは短期集中でガーッと作った方がモチベ維持もバランス調整も楽かな、と思っていったん別のことしてます。

タイトル:虚白ノ夢(仮)
ジャンル:探索ホラーアドベンチャー
プレイ時間:2~3時間(を想定したい)
鋭意製作中!

ss1.jpg  ss2.jpg

ss3.jpg  ss4.jpg

主人公がモサい。
ホラーは今までまったく作ったことがなかったので興味があったこと、作ったことはないけどジャンルとしてはそれこそコープスやひぐらし等の時代からなんだかんだホラー好きなこと、グレイブシーカーの前に一度グレイブローバーのようなごちゃごちゃしたシナリオの段階的な伏線・ヒント解放の練習がしたかったこと、1から10まで語らずに文字数を減らして演出する練習がしたかったこと、ニコニコホラーゲームフェスなるものが開催されることなどなど……色んな理由を全部丸めてごっくんしてホラゲ作ってます。
あんまり長編にはしたくないので、短期集中製作して一ヶ月くらいで一気に完成させたいところ。
ちなみに現在の進捗は全体のおよそ30%くらいです。

作り始めて思ったことはいくつかあるんですが、

 ・RPG等と違ってシナリオとシステムで譲歩し合う必要がない
 ・人を驚かせるとはどういうことか考えるので、場面的な演出の勉強になる
 ・他のジャンル以上に場の空気感やBGM、SEなど、空間づくりに気を使う
 ・製作にかかる実作業の手間は軽め


この辺が個人的に感じた、製作側から見たこのジャンルの強みかな、と。
逆に、

 ・脅かし演出や恐怖演出はテストのため繰り返しプレイすることで慣れてしまい、客観視点が保てない
 ・謎解きやビビりによる進行の遅延は個人差が大きく、プレイ時間を操作しにくい


この辺は個人的に難しい点です。
僕なんかは例えば『魔女の家』の序盤も序盤、パリーンして熊さんがああしてこうなる辺り(苦肉のネタバレ防止)までに片手じゃ足りない回数固まったタイプの人間なので、進行が人より遅いと思われます。でもその辺に全然ビビらず、サクサクと進んだ場合はそこまで多分5分もかからないんじゃないかと。
そう考えると、作者でありながら『自分のゲームがどれくらい怖いのか』がわからない現象が発生するので、手綱を制御しにくいかんじはありますね。

ただお化け屋敷をプロデュースしているようなこのワクワク感と、ゲームシステムの邪魔をしない形で反社会的なえげつないシナリオを展開できる点はなかなか面白いです。面白くないものはモチベが続かず短期集中製作できませんから。
しかしそうなると今度は持病の大団円を認めない病が
何はともあれ引き続き製作していきます。完成の際はぜひ!
[ 2015年04月09日 21:20 ] カテゴリ:虚白ノ夢 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。